新築は注文住宅がおすすめな理由

家を建てようと考えている人必見!注文住宅のいいところ

家を建てる前に考えるべき注意事項

家を建てる時に真っ先に出てくる言葉であろう、「新築」。 みなさんは新築のことについてリサーチ済みですか? 新築も注文住宅も流れは同じなのですが販売会社が入居までの一連を担ってくれるので、何かと便利! しかし注意すべき項目もあります。 では、詳しく解説していきます。

時間とお金を抑えたい人は「新築」!

新築のほとんどはすでに出来上がっている建てやすいプランを用意する規格住宅だから申請、計画、打ち合わせの手間を省くことができ、その分安い価格設定にすることが可能に。 手続きが比較的に楽なのもいいですが、その分デメリットもあります。 しっかり理解した上で検討しましょう。

世界にひとつだけのマイホームが作れる「注文住宅」!

こんな家に住みたい家を叶えやすいのですが、間取りの作りで前よりも家族が集まりやすくなったり、会話が増えたりと生活感も変わってきます。 そこで住みやすい家にするには何に気をつけたらいいのか、実際に注文住宅で家を建てた人が言う成功例と失敗例をまとめました!

新築のメリット・デメリット 知っていますか?

人生で大きな買い物「マイホーム」。
こだわればこだわるほどお金も時間も掛かります。
でも、実際にあれもこれもと要望を取り入れるとなると問題点も出てくる。
金銭面だけでなく、物理的、安全性など。

家族がともに過ごす大切な空間ですから、住みやすさや落ち着く雰囲気など、好みはさまざまです。
そんな望みを叶えやすいのは自由が効きやすい「注文住宅」!
決めた予算の内で家族の希望を組み合わせた間取りが可能なのがとっても魅力的。

しかし、時間をできるだけかけずに安く買えるのは「新築」です。
新築は、モデルルームなど実際に建てられたものと同じ家を建てるため、実物を見て触れてから決められるので、入居後の生活シーンをイメージしやすくなります。

このようにそれぞれにはいい面があれば心配な面もありますが、安全性はお金ではかえません。
家を購入してからも定期的なメンテナンスが必要になりますが、始めの段階で慎重に進めることで後々かかる修理代等を抑えることが可能になります。
また、手抜き作業がある場合があるなどニュースでも取り上げられているのが現実です。

そういった不安をも取り除くことができるのが「注文住宅」と考えられます。

家の間取りから材料、家や部屋の細かな造りを決められるので、家族みんなの望みを組み入れたり、家族団欒を楽しめるような空間を作ったりと、もともと決められた家の構造ではなく、縛りが少ない「注文住宅」にして、家族との距離が縮まって家に帰ってくるのが楽しみになるような家づくりをしてみませんか?