家を建てようと考えている人必見!注文住宅のいいところ

家を建てる前に考えるべき注意事項

新築のメリット

注文住宅に比べて安く買えるのが最大のメリット。
すでに出来上がっている家を建てるので、提供プランを用意する規格住宅だから申請、計画、打ち合わせの手間を省くことができるため、その分安い価格設定にすることが可能に。
1社との契約なので仲介手数料なども抑えられる。
もともと決められたプランから選ぶことができるため、使用する材料の種類や個数、設備が決まっているから大量発注できて、コストを抑えられるため、各販売会社が提供する値段を極力抑えられる。
ほか、実物を見てから家を決められたり、契約内容に土地代・作業代・水道工事など細かなが含まれているため手続きが楽になります。
これらのことから、時間や金銭面を重視したい人は『新築』がいいかもしれません。
ただ注目したい点は、家族で住む家だからこその空間作りや安全面をどう考えて形にするか、です。

新築のデメリット

プランに従って建てられるため、間取りや壁紙など買い手の要望を取り入れにくい。
全くできないわけではなく受け入れてくれる販売会社があるけれど、それをどうしても変えたいとなるとお金も時間もスケジュール通りにいかなくなることもしばしば。
さらに契約内容を自身でしっかり確認しなければ、土地には掛からない消費税が加算されている場合があり、買い手が損してしまうこともあるだとか。

また、こちらが建築会社を選べないため、欠陥住宅であるリスクが高くなるとも言われています。
ほとんど販売会社が担ってくれるから入居までの時間は注文住宅よりも早いけど、その分材料の素材、工事などの目に見えない部分での手抜きが起こりえます。

不当に利益を上げようとする会社は早々ないと思うけれど、大きい買い物だからこそ販売会社選びは慎重に行いましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ